センター紹介

味と匂いのセンシング技術の応用領域

食品・飲料 品質管理,製品開発,検査,マーケティング,消費者へのアピール,食品の鮮度の数値化,賞味期限の最適化,水質チェック
情報通信 味・匂いの伝送,再生,提示,味のデータベース,超臨場感コミュニケーション
農業 農産物ブランド化,高品質・付加価値の提示,等級付け,出荷検査
住環境 化学空間の可視化,快適空間の制御
ロボット 化学感覚搭載ロボット

味覚 残留農薬の検知
医薬・健康管理 苦味低減のための薬剤設計,おいしい病院食の開発,高齢者向け食品の開発,糖尿病食の開発,小児向け医薬品の設計,人工甘味料の評価
畜産業 飼育条件の最適化,コストダウン,ブランド化,霜降り肉の格付け,果物の糖度

防災 ガス検知,火災の検知,災害救助(人の検知),有毒ガスの検知
医療・健康管理 口臭,体臭,排泄物の臭気,医療診断
犯罪捜査 麻薬捜査(警察犬,麻薬探知犬の代行)
防衛・国際貢献 爆発物探知,地雷,不発弾の検知
化粧品・芳香剤 品質管理,調香,検査