研究成果

総説,編著 【2014】

      1. 味覚・嗅覚センサ研究開発センターの設立にあたり
        都甲 潔
        日本味と匂学会誌,21(1), 1-2 (2014)
      2. 低カロリー食材でおいしさを実現―味の数値化技術の応用―
        都甲 潔
        食品と科学,56(5),57-63,(株)食品と科学社 (2014)
      3. 匂いセンサの開発と応用
        都甲 潔
        未踏科学技術, 464, 8-11 (2014)
      4. Towards an Electronic Dog Nose: Surface Plasmon Resonance Immunosensor for Security and Safety
        Takeshi Onodera, and Kiyoshi Toko
        Sensors, 14, 16586-16616 (2014) (招待論文)
      5. 感性バイオセンサー 味と匂いを測る科学技術―
        都甲 潔
        検査技術, 19(10), 10-16, 日本工業出版 (2014)
      6. 人の舌の感覚を模倣した味覚センサの開発
        都甲 潔 / 分担
        生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用,第2節,151-156, (株)技術情報協会 (2014)
      7. 次世代センサの展望「化学・バイオセンサ」
        都甲 潔
        次世代センサ,24(1),20-21(2014)
      8. におい・かおりを再現する科学技術の創り出すライフイノベーション
        都甲 潔
        におい・かおり環境学会誌, 45(6), におい・かおり環境協会 (2014)
      9. におい・味の工学センサはヒトの感覚を定量できるか
        都甲 潔
        実験医学, 32(18), 2927-2929, ㈱羊土社 (2014)
      10. これから期待される分析
        都甲 潔
        AROMA RESEARCH, 15(4), 28-31, フレグランスジャーナル社 (2014) 通巻No.60,324-327
      11. 味覚センサのアイデア想起から開発まで
        都甲 潔
        電気学会論文誌E, 135(2), 40-45 (2015)
      12. 甘味センサの開発に関するレビュー
        安浦雅人,都甲 潔
        電気学会論文誌E, 135(2), 51-56 (2015)
      13. 研究室だより:九州大学大学院システム情報科学研究院林研究室
        林 健司
        電気学会論文誌E (2014)
      14. Structure, function, and signaling of taste G-protein-coupled receptors
        Keisuke Sanematsu, Ryusuke Yoshida, Noriatsu Shigemura, Yuzo Ninomiya
        Curr Pharm Biotechnol, 15(10), 951-961 (2014)
      15. Taste transductions in taste receptor cells: basic tastes and moreover
        Shusuke Iwata, Ryusuke Yoshida, Yuzo Ninomiya
        Curr Pharm Des.,20(16), 2684-2692 (2014)
      16. 14章:味覚
        吉田竜介, 二ノ宮裕三
        基礎歯科生理学第6版,272-287,医歯薬出版 (2014)
      17. 24章:消化と吸収
        二ノ宮裕三
        基礎歯科生理学第6版,391-410,医歯薬出版 (2014)
      18. 味覚
        吉田竜介, 二ノ宮裕三
        アミノ酸科学の最前線-基礎研究を活かした応用戦略(門脇基二, 鳥居邦夫 編),42-50,シーエムシー出版 (2014)
      19. Structure-Bioactivity relations of acylated anthocyanins and their related polyphenols (Chapter 4) In Natural Bioactive Molecules
        Ju Qiu, Norihiko Terahara , Toshiro Matsui
        Impacts and Prospects (Eds.) Goutam Brahmachari, Narosa Publishing House, India (2014)
      20. Food Analysis 
        松井利郎
        ぶんせき,2014 (11), 603 (2014)