運営体制

センターの体制図

研究者は, 4研究院と4学府の心理学,分子生物学,生理学,電子工学,食品機能科学,情報科学を専門とする文理を超えた極めて広い分野をカバーする幅広い人材で構成され,総合大学 九州大学としての全面的なバックアップと民間企業の協力の下に,「味覚と嗅覚」に関する総合的な学問体系を構築するとともに,基礎研究から社会実証(事業化)まで行う.

運営体制

 ※研究院所属教官が学内共同教育研究施設の責任担当教官になることを、九州大学では 「複担」と呼ぶ