研究紹介

プロジェクト

味覚・嗅覚・食感イノベーションによる食サービスの創出(未来社会創造事業)

 

研究内容

目的
味、匂い、香り、食感を数値化・可視化し、いつ・どこでも快適と幸せを感じる新たな食サービスを実現!

研究概要
味と匂い、香り、食感を人々の生活の豊かさへ結びつけ、生活の質の向上、ひいてはさらなる安全・安心・快適な社会の実現を目指す。味覚と嗅覚の工学的応用は実社会ではほとんどなされていなかった。
本研究では、高度化した味覚センサと世界初の究極の匂いセンサ(人工嗅覚システム)の開発を行い、食感センサと合わせ、味覚・嗅覚・食感データベースを用いた食の安心と喜びを引き出すお店・食品選択アプリと健康・喜び増進プログラムを開発する。さらに匠の味、秘伝の味、お袋の味を再現、加えて自動調理器の開発を行い、IT社会における新たな食サービスを創出する。

味覚センサの高機能化による食品生産ロボットの自動化(NEDO)

 

研究内容

進化を超える極微量物質の超迅速多項目センシングシステム(ImPACT)

 

研究内容

革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)

宮田プログラム公式ホームページ