研究紹介

研究内容

味覚センサ部門

ヒトが感じる味を表現可能なセンシングデバイス技術の確立を行う.
さらに,嗅覚,視覚,聴覚,触覚といった他の感覚情報との融合技術を提案する.

味覚センサ部門 研究内容(味覚センサ基盤技術の確立)はこちら

心身の健康に資する食機能について,「おいしさ」の確保を前提として生体調節作用を分析化学的側面から追究する.

味覚センサ部門 研究内容(次世代型食機能評価システムの構築)はこちら

嗅覚センサ部門

化学物質の発生・空間分布の計測技術を開発し,有用で価値ある化学情報を創出する.さらに,化学物質の構成や空間分布を制御することで快適で安全な環境を構築する.

嗅覚センサ部門 研究内容はこちら

感覚生理・医療応用センシング部門

味覚・嗅覚情報の受容・伝達・臓器連関・食調節機構を分子細胞生物化学,分子神経生物学と脳科学レベルで解明し,医療,健康科学,診断技術への応用を目指す.また、病気の匂いや匂いの受容体の同定を行い、疾病(特にがん)の新たな診断技術の開発および臨床評価を行う.

感覚生理・医療応用センシング部門 研究内容はこちら

視聴覚部門

ヒトは環境を見出し,それに適応し,さらに新しい環境を作りだし,その過程において精巧な視聴覚の仕組みを発達させてきた.当部門では、我々がどのように音を聴き,物を見るか,知覚された事象や対象がヒトの社会においてどのような役割を果たすかを研究する.とりわけ「科学的根拠に基づくデザイン」を学際的分野として確立することを目指す.

視聴覚部門 研究内容はこちら

プロジェクト

味覚・嗅覚・食感イノベーションによる食サービスの創出

味覚センサの高機能化による食品生産ロボットの自動化

進化を超える極微量物質の超迅速多項目センシングシステム